とびうおライン

千葉県に引っ越してから、あまり撮影に出なくなりましたねぇ...

貨車

Spine Car

Spine Car。その名の通り、「脊椎車」です。骨組みしかなく、デッキとタイヤを載せる台があるのみ。

しかも、トレーラーもコンテナも積めちゃうっていう優れもの。

モーダルシフトの一環で、トレーラーのみを積載し、目的地周辺まで運ぶシステム。日本で言うとクキ1000がそれに近い形状かと。

輸送距離、輸送時間が短い割に積み込みに時間がかかる、狭軌、小さい車両限界などが起因して日本じゃまず流行らない輸送方法ですが、その全てを払拭できる海外では割と見かける手法です。

あ、日本の貨車は編成端から順番にトラックを積載していましたが、こちらのはトップリフターで積み込んじゃうんでそこまで時間がかかりません。コンテナも積んじゃいますし。

IMG_8243
TTRX 552280 B

IMG_8244
TTRX 552280 C

IMG_8245
TTRX 552280 A
アメリカ規格の馬鹿でかいトレーラーもこのように楽々積載。このユニットはそれぞれ28ftトレーラーを1台、57ftトレーラーを1台積載可能です。日本では40ftコンテナのトレーラーですら認可が下りた道路しか走れないのに、こっちではそれより17ftも長いトレーラーが走っているんですよ。

IMG_8246
TTRX 360130 A

IMG_8248
TTRX 360130 C

IMG_8249
TTRX 360130 B
こちらは28ftトレーラーを2台、57ftトレーラーを1台積載可能なユニット。そして載っているのは28ftトレーラーですね。

IMG_8250
TTAX 565237 B

IMG_8251
TTAX 565237 C

IMG_8252
TTAX 565237 D

IMG_8253
TTAX 565237 E

IMG_8254
TTAX 565237 A
5両ユニット。53ftトレーラーまで積めます。

Spine carをこれだけしか撮ってないのが悔やまれますが、来た貨物の殆どがコンテナだったため仕方ないかと。もっと撮りたかったですね、後悔。

Well Car

第3弾。

今回はドメスティック貨物の編成だったので53ftばかりの組成。

IMG_8199
DTTX 787330 A

IMG_8200
DTTX 787330 C

IMG_8201
DTTX 787330B
NSC製Well car。TTX新ロゴ。

IMG_8202
DTTX 725125 A

IMG_8203
DTTX 725125 C

IMG_8204
DTTX 725125 B
TTX旧ロゴ。これまた側面の見た目が違う...。C車の手摺が曲がってますが走行には問題ないんで次の検査まで放置するんでしょうね。

IMG_8205
DTTX 785369 A

IMG_8206
DTTX 785369 C

IMG_8207
DTTX 785369 B
新ロゴ。

IMG_8208
DTTX 766727 B

IMG_8209
DTTX 766727 C

IMG_8210
DTTX 766727 A
Gunderson製Well car、側面の凹凸が少ないだけあって落書きされやすいようです。

IMG_8211
DTTX 729834 A

IMG_8212
DTTX 729834 C

IMG_8213
DTTX 729834 B
20ftから53ftまで一通り積載できる優れものですが、インターモーダル輸送ではオーバースペックなので勿体ないですね。

IMG_8214
DTTX 726522 A

IMG_8215
DTTX 726522 C

IMG_8216
DTTX 726522 B
ロゴの塗装(貼り付け)方法を見る感じ、旧ロゴの上に新ロゴを重ねて貼ってるんですかね。

IMG_8221
DTTX 652709
落書きされまくった挙句、ロードネームも仮みたいな感じになっちゃってます。

IMG_8222
DTTX 466831

IMG_8223
DTTX 466489
TTX新ロゴのXにどういう意味が込められているか描かれていますね。

next ↖ ↗ any
load ↙ ↘ road

IMG_8217
高さ6m、長さ2km以上の走る壁を見上げる感じで。


2018/11/18加筆、修正。

Well Car

第二弾。

IMG_8163
DTTX 885111 B

IMG_8164
DTTX 885111C

IMG_8165
DTTX 885111 D

IMG_8166
DTTX 885111 E

IMG_8167
DTTX 885111 A
MAXI-機TTX社所有でもとび色の Well Car があるんですね。

IMG_8170
DTTX 62234 A

IMG_8171
DTTX 62234 E

IMG_8172
DTTX 62234 D

IMG_8173
DTTX 62234 C

IMG_8174
DTTX 62234 B
20ft積載禁止な下段48ftまで積載可能のWell Car。

IMG_8175
NOKL 250115 B

IMG_8176
NOKL 250115 C

IMG_8177
NOKL 250115 D

IMG_8178
NOKL 250115 E

IMG_8179
NOKL 250115 A
枠が付いてごついやつ。配水管が付いているんですよね...リファーコンテナ関係の何かあるんでしょうかね。このタイプは上段に53ftを積めなさそう。


2018/11/18加筆、修正。

Well Car

Well Carの画像を投げてちょろっと感想を述べるだけの記事。海外の鉄道に興味が無い方はブラウザバック推奨。

北米大陸での複層鉄道貨物輸送、通称「ダブルスタックトレイン」。日本でコンテナ輸送が一般的であるように、まだまだ車扱い貨物の割合は多いですが、北米でもコンテナ輸送が一般的になりつつあります。

撮影したアリゾナではロサンゼルス〜シカゴといったルートで運ばれるのでしょうか。かなりの本数が来ました。

そして北米でのコンテナの規格を少し。日本では大型コンテナとされ、許可の得られた道路しか走ることのできない40ftコンテナですが、北米では小さい部類。まだ上のサイズが3種類ほどあります。
まず海上輸送もされる45ft、48ftコンテナ。そしてドメスティックコンテナと呼ばれる、北米限定の53ftコンテナがあります。

その前に1TEUというコンテナ輸送単位のベースとなる20ftコンテナがありますね。40ftコンテナ1つなら2TEUです。2つ合わせれば40ftです(←ここ後々重要)。

45ftコンテナは日本でもトレーラーの運用試験をしたことがありますね。世界各地で普通に運用されています。国土が小さく、道路も狭い日本には不向き。世界の波に乗り遅れているといったところか、日本の港湾シェアが中国などの大陸に推されている一因でもありそう。所詮ガラパゴス規格の12ftで満足しているようなところですんで仕方ない。国土面積には抗えません。

そして48ftコンテナ自体が数が少ないらしく、1枚も撮っていません。

53ftコンテナ、幅もISO規格コンテナより広く、とにかくデカいの一言。

そしてそれらのコンテナを2段にして運ぶわけです。


IMG_8113
BNSF 238358 B

IMG_8115
BNSF 238358 C

IMG_8116
BNSF 238358 D

IMG_8117
BNSF 238358 E

IMG_8118
BNSF 238358 A
Gunderson製のWell car。MAXIシリーズの礎となったMAXI-気任后2蔀40ft、上段48ft(40ftと交互に53ftを積載可能)まで積むことができます。53ftの積載に条件があるので、主に海上コンテナ輸送の編成に使用。車体長が短いので5連接。写真のように40ftの上に45ftを積むといった「やじろべえ」も頻繁に見れます。上下のコンテナは5.4kgほどするコーンでちゃんと繋がれており、転落しないようになっています。

全高6mにもなるダブルスタック。しかし意外と安定しています。

IMG_8123
DTTX 759523 A

IMG_8124
DTTX 759523 E

IMG_8125
DTTX 759523 D

IMG_8126
DTTX 759523 C

IMG_8127
DTTX 759523 B
こちらはTTX所属のWell Car。20ftを2つ積んだ上に40ftを積むなんて日常茶飯事。40ft以上のコンテナは、40ftの位置に緊締具付いているのでこんなこともできるんですよね。

IMG_8128
DTTX 732797 B

IMG_8129
DTTX 732797 C

IMG_8130
DTTX 732797 A
これは下段も53ftまで積載できるMAXI-検1両が長いので3連接。海上コンテナ輸送では空間が無駄になってしまう曲者。

こんな感じで落書きによって車番読み取れない個体もいるんですが大丈夫なんですかね...。

IMG_8131
AOK 5251 B

IMG_8132
AOK 5251 C

IMG_8133
AOK 5251 D

IMG_8134
AOK 5251 E

IMG_8135
AOK 5251 A
下段が48ftまで積めるWell Car。車体長も長く5連接なんで1ユニットがめっちゃ長いです。

IMG_8136
BNSF 237936 B

IMG_8137
BNSF 237936 C

IMG_8138
BNSF 237936 D

IMG_8139
BNSF 237936 E

IMG_8140
BNSF 237936 A
Santa Fe(現BNSF)所属のMAXI- Well Car。側面の配管がTTX所属のやつと比べるとやや違う。タイプの違いなのかは分かりませんが...。
そしてこのユニットには20ftと45ftしか載っていません。しかも日本の川崎汽船が載っています。海外の商船、リース会社ばかり来る中でちょっと嬉しい。


来たやつ全部撮るとデータ容量バカみたいに食うんでそんなことはしていませんが、適当にユニット毎に撮っていました。気が向いたら△愨海。


2018/11/18加筆、修正

コキ200

画像フォルダ漁ってたら色々出てきたのでついでに。

昔よく7055レに繋がれてたコキ200をよく撮ってました。

その時の物です。2011年の成田線脱線事故より前の記録なので白四角印も付いてないです。

IMG_0594-1
コキ200-1
UF46A-39511(ランテック)
JRFマークが小さく、台枠の至る所に量産車と異なる個所が見れます。

IMG_1899
コキ200-8
UF27A-5010(日本石油輸送)
割と珍しい背高20ftコンテナ。

IMG_1154-1
コキ200-24
UV56A-39505(佐川急便) 浜小倉駅常備
いまもこのコンテナは運用に就いてるんですっけ??
もう本線民じゃなくなったのでその辺りも分からないです。

IMG_1388-1
コキ200-45
UF46A-39525(ランテック)
この緊締装置位置の31ftを積むと、20ftを積んだ時よりコンテナの端が外側に来るんですよね。

IMG_4486-1
コキ200-52
UF28A-5030(YANMAR)
UF28A-5027(YANMAR)
コンテナ事業から撤退したヤンマー、懐かしいですね。運用範囲が札幌〜隅田川ですが、イレギュラーで運用範囲から外れることもありますね。

IMG_4485-1
コキ200-79
UF28A-5028(YANMAR)
UF28A-5031(YANMAR)

IMG_1305-1
コキ200-80
U47A-38150(日本通運)
ピン甘ですね...

IMG_1821
コキ200-84
U48A-38053(全国通運)

IMG_2006-1
コキ200-84
U50A-39548(日本石油輸送)
2度目の登場。

IMG_1357-1
コキ200-111
UT8C-5(東洋インキ) 印刷用インキ専用
UM12A-5695(三井金属)
タンク鏡板に取り付けられたごちゃごちゃした機械が物心をくすぐりますね。

IMG_0986-1
コキ200-115
U50A-39544(日本石油輸送)

IMG_1820
コキ200-128
U46A-30024(日本通運)

IMG_2007-1
コキ200-128
USFU 122663 5 BM 2276 (EXSIF) シーリングコンパウンド専用(燃32)

IMG_2240-1
コキ200-144
U47A-38110(日本通運)
上帯が白で運用範囲が細かく記された固体です。

IMG_0985-1
コキ200-150
U50A-39547(日本石油輸送)

IMG_1898
コキ200-153
UF42A-38015
冷蔵機が新しいだのハローマークが全部埋まってるだのちょっとしたことが気になったり。

晴天の下で国鉄機

EF200狙いで2070レを狙いに。

IMG_8340-1
EF66 27(2070レ)
と思ったら代走で27号機が来ました。



そしてちょっとコンテナ車の話題。

去年12月辺りから、全般検査明けのコンテナ車にJRFマークが塗装されなくなっています。コキ107-1002以降は元々付いていないのですが、他の形式も省略されています。

IMG_8347-1
コキ104-2860
H28年12月12日に輪西派で検査を終えた車両。まあなんとも間抜けです。



IMG_8349
コキ107-1562
H28年10月27日に日本車輛で製造された番号。現段階(H29年3月11日)でこれほど綺麗ということは、製造されて暫く貨物駅で留置されていたのでしょう。

新南陽駅に青ワムが廃車解体待ちで大量留置されていたことがあるのですが、その辺りにも現在はコキ新造されたばかりのコキ107が10両近く留置されていました。各地の貨物駅に散らばっているのでしょうか。

コキ50000の全廃も目前です。


IMG_8359-1
コキ106-421
編成中のコンテナ車を一通り撮りましたが全部掲載するわけにもいかないのでコキ106代表でこの番号を。

コンテナ車他

過去フォルダ漁ってたついでに。

IMG_9182
EF66 127

IMG_9187
EF210-155

IMG_9430
コキ101-108

IMG_9431
コキ100-108

IMG_9432
コキ100-107

IMG_9433
コキ101-107

IMG_9434
コキ103-215

IMG_9435
コキ102-535

IMG_9436
コキ102-536

IMG_9437
コキ103-216

IMG_9441
コキ200-150

根岸駅でタキ1000観察

折角見れる環境が近くにあるのだからということで...

根岸駅でタキを見てきました。


タキ1000は自重:16〜17t(車輌によって異なっています)、荷重:45tとし、積車時の軸重は16tとなる。FT21形台車を履き、車扱い貨車としては珍しく最高速度95km/hとスピードアップを図られた車両。

時刻表で、積み荷が石油、最高速度95km/hとなっている列車はタキ1000で統一された編成ですね。

日本石油輸送と日本オイルターミナルの2社が保有しています。


...っとまあここまで鉄板ネタを連ねましたが、他に調べたところ、タキ1000の常備駅で郡山駅常備というのが少なかったというのが意外でしたね。一番多いのは根岸駅常備じゃないでしょうか??

日本石油輸送だと「根岸」「仙台北港」「浜五井」「塩浜」「四日市」「郡山」「北袖」「安善」ですかね。安善はJP-8なるジェット燃料輸送用ですが。あと、北海道からの撤退で「本輪西」は消えましたね。

オイルターミナルだと「郡山」「盛岡タ」「宇都宮タ」「川崎貨物」「倉賀野」「八王子」ですか。

まあそれぞれどの番号がどの常備駅かは他サイトを漁れば出てくると思います。


ちなみに、根岸駅常備だからといってENEOSロゴが貼ってあるわけでもないです、この辺りはランダムですかね。あと、常備駅が根岸だからといって根岸を起点とした運用に就いているというわけではなく、たまにトレードで根岸常備の車両が四日市界隈に飛ばされたりします。


とりあえずサイドビュー。

IMG_0764
タキ1000-630(根岸駅常備)
←1エンド側

IMG_0774
タキ1000-679(根岸駅常備)
1エンド側→


IMG_0714
ちなみに、車番右下の票差しに入れられる票はこのようなものです。タキ1000自体は「ガソリン専用」で、「石油類」とはまた別のものになります。タンク内部を洗浄して、「ガソリン」ではない別の「石油類」を輸送すると言ったところでしょうか。「石油類」と言っても、石油には灯油から重油まで精製方法によって色々あるので、どれを運んでいるかは自分には分かりません(


IMG_0709-1
手ブレーキハンドル付きデッキ。
デッキ側面にも番号が入っていますよね。今までリタイヤしてきた黒タキ系列もそうでした。

IMG_0749
ここで浜五井駅常備の車両が来ました。

IMG_0738
奥から自重が16.7t、16.8t、16.9tと異なる並びです。自重の違い...ワム380000やらヨ8000やら見ても各車違うようですが、そんなに違ってくるものなんですかね??

IMG_0762
タキ1000-513(仙台北港駅常備)
仙台界隈の車両。トレードでしょうか。

とりあえずざっと見た感じこのくらいですかね。上げてませんが、撮れるだけ1両1両撮ったので、それはまたの機会に。

タキ1000、タキ43000、タキ243000

そうえいば、折角タンク車が走っている近くに住んでいるんだから、タンク車でも撮ろうということで、以前蘇我へ行った時に撮ったものを。

IMG_0228
タキ43399(郡山)
タキ43000形の日本石油輸送所属車は黒。

IMG_0229
タキ43408(根岸)
()は常備駅を書いておきます。

IMG_0230-1
タキ1000-1(根岸)
と、タキ1000の試作車が来ました。FT-21X形台車を履いています。一見普通のFT21形台車と違いが判らない...?

IMG_0232-1
タキ1000-444(根岸)
FT21形台車。パッと見で違うのは軸くらいですかね。普通のFT21は○ですが、FT21Xは△です。

あとは...タキ1000-1はエンド表記位置が違いますね(


IMG_0233
タキ43331(浜五井)

IMG_0235
タキ43467(浜五井)
日本オイルターミナルから日本石油輸送に移籍した車両。社名プレート、常備駅だけ変更になってます。

IMG_0236-1
タキ43028(宇都宮貨物ターミナル)
1枚上のタキ43467と同じエンドから撮ってあります。さて、車両番号表記の位置が違いますが、これは0番台(43000〜43036)だけなのでしょうか??まだ観察固体が少ないのでなんとも言えません...(ちなみに当車両は三菱重工製、43467は日本車輌製です)

IMG_0237
タキ43280(浜五井)
輪西派で検査受けてますね。元北海道地域の車でしょうか。

IMG_0238
タキ243744(浜五井)
正確にはタキ43000形243000番台でしょうか。タキ43000が43t積みに対し、こちらは44t積みです。

パッと見で違うと言ったら、デッキ手摺りですよねえ。

IMG_0239
タキ43027(倉賀野)
三菱重工製。先ほどの43028と1つ違い。

IMG_0240
タキ43443(浜五井)

IMG_0241
タキ243743(浜五井)

IMG_0242
タキ1000-668(根岸)

IMG_0243-1
タキ43169(倉賀野)

IMG_0244
タキ243646(浜五井)
243000番台の黒タキ登場!!!!灰色台車がいいアクセント。普通の黒い43000と混ざってくるので、パッと見では気付かないかと。


おまけ


IMG_8614
タキ243672(塩浜)
四日市界隈で活躍する243000の黒タキ。去年名古屋方面に行った時に撮影したもの。

蘇我でシキ800をバルブ

今日は返却されるシキを撮りましたw

IMG_7456
ケヨ34
京葉線に残っている209系撮れて既に満足...

IMG_7457
KD601(5972レ)
ホキ800×4+コキ×3+ヨ8000+シキ801+シキ800+タキ×3という豪華な編成...ですが、肝心のシキが見えませんね。

まあ、シキ目当てで来たので、編成撮りは1枚で止めて、シキ撮影に。

IMG_7460
シキ800

IMG_7469
シキ801
空状態の短さもいいですよね、決して短くはないですが...

IMG_7471
ヨ8629

IMG_7473
個人的にお気に入りの1枚です。

IMG_7474
とにかくでかかった.....

次見れるのはいつになるでしょうかね〜
※画像の転載について : 転載したい画像がある場合には、コメントにてお知らせください。管理人が一番確認しやすい手段です。くれぐれも無断転載はなさらぬように。
訪問者数

    • ライブドアブログ