では早速、最近の話題から←


去ること今月14日。そう、鉄道の日のことでした。

廿日市駅を出た2526M(廿日市6:53発白市行き)のヒロL-12編成が車両故障により自走不可能に。

どうやら、隣の宮内串戸駅を出た時点で様子がおかしかったようですが、そのまま走行を続けたとのこと。

主電動機のトラブルですかね...??

IMG_5355
ヒロL-12(2526M)
廿日市駅を出た直後に停まった列車。撮影した時点で9時過ぎ。もう2時間近く停まっていました。

そして、廿日市駅で乗客全員を降ろした、後続の2528M(セキN-17+セキN-21)が救援列車になるというアナウンス。

8連が故障したら片方の4連で引っ張るなり押すなりして走れますが、4連が故障したら他の車両に救援してもらうしかないですね。

IMG_5357
セキN-17+セキN-21(2528M)
救援待機中。

そして、管理人は運転再開見込みの10:30までに鈴峯に移動しました。

9:40頃に鈴峯電停に着いたと思います。誰も居ませんでした。

そして、数名の方々がやってきて、救援列車を待つことに。


......不謹慎ですねww


IMG_5371
ヒロL-22(????M)
五日市駅下り本線にセキC-41の姿が見えます。場内信号は中線も赤表示。そこに下ってきたL-22が目の前で停まるという......


そして、中線が開通し、L-22が駅に入って行きました。

すると、駅の向こうから黄色い電車が(

IMG_5383
ヒロL-22
故障車に乗っていた乗客を五日市駅でこの編成に乗せたようです。先に出発。

IMG_5387 シャープ
ヒロL-12+セキN-17+セキN-21(2526M+2528M)
3編成併結で堂々の12連です。後ろからN編成8連が前の4連をプッシュして行きます。

IMG_5388
軽く引いてもう一枚。パン3つ串らせずに撮れました(苦笑

これ、2528Mの後ろにはまだまだ8連が詰まっている筈なんですが、どこかの駅で退避させること無く広転に送り込んだようですね。

しかも、後続は信号系統の故障で遅延増大というハプニング。

広電が振替輸送してました台風の時はしないけど









....以上です。