とびうおライン

千葉県に引っ越してから、あまり撮影に出なくなりましたねぇ...

門司の銀釜を撮る

ひたすら天気予報と運用を睨めっこしていた2020年某日。

かなりの高確率で狙った獲物が撮れそうだったので九州まで。

成田から福岡まで空路を利用し、空港からはレンタカーで大分県へ。

別府で温泉(というかスーパー銭湯)を満喫し、いざ沿線へ。

訪れたのは有名な立石ストレートです。

IMG_0848-1
AO-02
未だに883系を曲線区間で撮ったことが無いなと思いつつ...

IMG_0861-1
Fo1501
そういえば南福岡に居た415-1500も2編成ほど大分に転属しましたね。そのうちの1本であるこのFo1501は、転落防止幌が装着されたままの元勝田組です。

ここから上りのソニック1本と普電1本が通過し、いよいよ本命。

IMG_0870-1
EF81 303(4075レ)
文句なしの高条件下で銀釜を撮れました。ようやくですよようやく。303号機を撮るために何度九州を訪れたことか。個人的に今年1番のカットといってもいいでしょうね。

急いで追っかけの準備をし、乙津川へ先回り。

IMG_0891-1
西大分で前半のコンテナ車を切り落としやってきました。ちょっと空気がガスってるのが残念ですが、贅沢は言えませんね。

目的を果たしてしまったので、ゆっくりと福岡方面へ。

IMG_0898-1
ED76 1021(1091レ)
そういえばここで撮ったことなかったな〜とかいう軽い気持ちで1本、76の貨物を撮って撤収しました。


以上です。また415系でも撮りに九州を訪れたいと思います。

夏のかなりん千鳥線(6月20日分)

かな〜〜り久々の投稿になってしまいました。

最近全然時間が取れなくて、撮りに行ってもSNSの方に写真を投げるだけになってしまいました。

こっちの方ももっと頻度を上げて更新しないといけませんね。

しかも、モニター買い替えてからこの記事を見てみると、アップロードしている画像のサイズが意外と小さかったことに驚きです...。

まあ最近はスマートフォン等の端末で見てくださる方が多いと思うので、転載対策を兼ねて今のサイズでいいかなと思ったりしてます。



さて、ここからが本題。

遡ること6月、天気が良かったので前から撮ってみたかった神奈川臨海鉄道千鳥線へ。

以前1度訪問しているのですが、その時は日本触媒への輸送は無く、昭和電工(千鳥東線)からの出荷のみでした。

今度こそエチレンの輸送を撮るぞという思いで再度訪問。

IMG_1530-1
DD60 3(201レ)
DD60が名古屋臨海から運ばれてきた液化酸化エチレンの返空2両を牽いてやって来ました。1両目は関西化成のUT17C-8076/77、2両目は日触物流のUT17C-8137/38です。

ここから千鳥町駅まで追っかけます。

IMG_1539-1
千鳥町では、草が生い茂った線路に化成品貨物が佇む様子を観察できます。最高です。背後の冷却塔や蒸留塔がいい味出してます。

IMG_1550
川崎市営埠頭の立入禁止看板と絡めて。千鳥町駅の入替の関係で、一度ここまで前進してきます。

IMG_1554-1
推進運転で一番奥にある荷役線へ。これぞ工業地帯という画が撮れて満足です。

DDを切り離して入替しているうちに千鳥橋付近へ先回り。

IMG_1574-1
有名な踏切から、川崎貨物へと帰っていくDDを狙い撃ちです。頼りない線路や、頭上を跨ぐ配管が何とも言えない感じ。

IMG_1581
単機で帰っていきました。

これにて追っかけは終了です。

以下メモ。




コキ200運用(2017年〜)

東京タ→5055レ→福岡タ
福岡タ→2054レ→新南陽→5054レ→東京タ
の内、川崎貨物〜姫路タが液化酸化エチレン専用コンテナの輸送ルート。

千鳥町→208レ→川崎貨物→5055レ→福岡タ
福岡タ→2054レ→新南陽→5054レ→川崎貨物→203レ→千鳥町
がコキ200の運用。姫路〜福岡タ間は別の荷物を積載している様子。
なお、液化酸化エチレンの輸送が無い日は積載物不明。

以下写真は2018年2月17日撮影(和木〜大竹間)。

IMG_4148
コキ200-16
IMG_4149
コキ200-69
何れも5054レに連結されていたコキ200。姫路貨物までのどこかで降ろされるのか、この日は液化酸化エチレンの返空が設定されておらず姫路以東も積載されていたのかは不明。

速星貨物と北陸の速達貨物

もうすぐダイヤ改正らしいですね。

最近はあまり撮ったりしてないんですが、突然専用線やら化成品輸送が撮りたくなったので富山まで便乗させていただきました。

IMG_9774-1
ひだ6号
高山本線を延々名古屋まで。

IMG_9781-1
キハ120-345+キハ120-351
そういえばここは西日本区間でしたね。顔の両側で色が違う高山本線カラー。

IMG_9787-1
DE10 3505(1090レ)
DE15だったことを色濃く残す3505号機です。

川崎貨物と名古屋タから富山まで来た希硝酸のタンクコンテナ、液化アンモニアのタンクコンテナを後部に繋げています。

IMG_9791-1
コキ200-84
UT14C-8002
UT14C-8026
名古屋タより返送されてきた濃度67.5%希硝酸コンテナ。

IMG_9793-1
コキ200-87
UT14C-8014
UT14C-8008
川崎貨物より返送されてきた濃度67.5%希硝酸コンテナ。

IMG_9794-1
コキ106-111
UT10C-16
UT10C-17
UT10C-18
川崎貨物より返送されてきた液化アンモニアのコンテナ。タキ18600同様、高圧ガス取締法の関係で白色です。

化成品コンテナも運用を辿ってみると面白いものですね。

IMG_2711-1
EH200-16
これは去年、高崎線で撮った4074レ(倉賀野発川崎貨物着)です。編成前方に繋がっている2両が速星発の積載状態のコンテナ。熊谷から当列車に連結されています。


IMG_9807-1
EF510-503(4076レ)
実は510を本格的に撮るのは初めて。まだ北斗星を牽いていた時に撮ったことある番号な気がします。

立山連峰を望む撮影地へ移動。

IMG_9823-1
AM01
あいの風とやま鉄道のイベント列車的なやつ。413系らしいです。交直の国鉄電車は415以外見たことないので...。

IMG_9836-1
EF510-23(4060レ)
札幌タ発大阪タ着の高速貨物。北陸筋は最速でも100しか出しませんね。

IMG_9845-1
コキ104-2814
UV48A-38122
UV51A-35217
R&Sのエコライナーに、Double Deckのヤマトコンテナ。東海道筋にも載っているのですが、撮ったのは初めて。

以上です。速星発の貨物は曇りと釜次位が空という貧結果になったので割愛します。

北米のインターモーダルを見る2019

その2です。

翌日は、Lenwood からスタート。

IMG_5272-1
BNSF 6724 (ES44C4)
BNSF 4031 (C44-9W) BNSF表記:Dash9-44CW
BNSF 4378 (C44-9W)
BNSF 4142 (C44-9W)
Barstow の操車場に入る手前。奥に写っている信号の場所で手前の線路から奥の線路へと進路を切り替えて走ってきました。複線というよりは、単線並列と言った方がしっくりくる感じで、至る所にある信号所で線路をスイッチして走っています。

IMG_5306-1
UP 8879 (SD70AH)
UP 7241 (AC44CW) UP表記:C44AC
UP 2626 (ET44AH) UP表記:C45AH
UP 8072 (AC45CCTE) UP表記:C45ACCTE
IMG_5356

UP 7729 (AC45CCTE) DPU機(補機)
ディッチライトが片方切れたSD70Aceが先頭の Manifest Train 。SD70Aceとはいえど、正確には(?)、自重を増加させて車輪とレールの摩擦を増加させたSD70AH(H:HeavyのH)。

他にも、UPではAC45CCTEという形式になっていても、実質ES44ACだったり、紛らわしいです。

そして遥か遠くの編成後部なので見えませんが、後補機として1機繋がっていました。無線で制御されるので、エアブレーキしか通っていない編成の後部からもブレーキをかけることができ、効率がいいらしいです。日本みたいに一瞬で各車に信号が行く電磁ブレーキとかありませんからね。

IMG_5367
対向の貨物で、MSCのコンテナを満載したやつが来ました。

ここで場所を移動して、Helendale へ。

IMG_5374
快晴です。

しかし、ここの撮影地についてから2時間くらい列車が来ませんでした。着いたときにAmtrakが豪快にかっ飛ばしていくのを見ただけです。

IMG_5380-1
BNSF 5233 (C44-9W)
BNSF 5139 (C44-9W)
BNSF 5331 (C44-9W)
BNSF 6945 (ES44C4)
BNSF 4052 (C44-9W)
BNSF 4954 (C44-9W)
BNSF 7507 (ES44DC)
BNSF 5391 (C44-9W)
BNSF 6623 (ES44C4)
BNSF 7298 (ES44DC)
やっと来たと思ったら、まさかの10重連。身軽そうに走り去っていきましたが、これだけで編成質量は2000t弱。恐ろしい...。

IMG_5393-1
UP 6871 (AC44CW)
UP 6528 (AC44CW)
UP 5820 (AC44CWCTE) UP表記:C44CCTE
UP 6156 (AC44CW)
Manifest と Intermodal を混結した編成。先頭のAC44CWはナンバーをキャブに貼りつけたタイプのもの。個人的には、前面窓上にあった方がキリッとしてカッコいい。
AC44CWCTEという形式も、元はAC44CWで、Computerized Tractive Effort software を搭載した型らしいです。厄介ですね...。

IMG_5438
対向の貨物。最後尾はコイル輸送用?Norfolk Southern 所有の貨車。

IMG_5442-1
BNSF 3753 (ET44C4)
BNSF 7700 (ES44DC)
BNSF 7737 (ES44DC)
BNSF 7729 (ES44DC)
BNSF 114 (GP60M-3)
BNSF 116 (GP60M-3)
落書きされた機関車をつなげてきた Manifest Train。最後尾までキッチリ写っているものの、対向の貨物と被ってケツが切れてるみたいに...。

IMG_5450
GP60M-3
所謂入替動機。日本で言うとDE10とかの立ち回り?

ここで撮影地を移動。Daggett へ。

IMG_5489
BNSF 8135 (ES44C4)
NS 4270 (AC44C6M)
NS 4137 (AC44C6M)
割と短めの速達貨物列車。Norfolk Southern の釜が繋がっていました。

IMG_5521-1
BNSF 5211 (C44-9W)
BNSF 7469 (ES44DC)
BNSF 8369 (ES44C4)
中間に数量のWell Car を挟んで、大部分が Spine Car で構成された貨物。

そしてまた昨日と同じ撮影地へ。

IMG_5539-1
BNSF 4210 (ES44C4)
BNSF 8216 (ES44C4)
BNSF 5538 (ES44C4)
デッキの手摺やステップの色が変な番号が先頭のBare Table Train が来ました。

IMG_5550-1
BNSF 4579 (C44-9W)
BNSF 4564 (C44-9W)
BNSF 1098 (C44-9W)
BNSF 675 (C44-9W)
4機共Dash9の Intermodal Train。先頭色褪せすぎでは...。

IMG_5571-1
UP 7721 (AC45CCTE)
UP 7357 (AC45CCTE)
UP 7009 (AC44CW)
UP 6844 (AC44CW)
日没寸前にUPの Intermodal が来ました。これを撮ってこの日は撤収しました。

北米のインターモーダルを見る2019

先月、5泊7日ほどで北米はカリフォルニア州、Los Angeles へ飛んできたのでメモを兼ねて掲載。

去年はラスベガスから移動したので、今回は量メインで、Long Beach から Chicago へ伸びるBNSF鉄道とUnion Pacific 鉄道の路線へ。

Los Angeles Airport へ着いたら、徒歩でレンタカー屋まで行き、車を借りて旅行スタートです。

色々撮ったのですが、それはそれとして割愛。

市街地のフリーウェイを抜け、Cajon Pass を通過、まずは Hesperia へ。

日本じゃ見られない、広大な庭を有した平屋の住宅街。その一角で撮ります。

IMG_5093-1
BNSF 6964 (ES44C4)
BNSF 3847 (ET44C4)
BNSF 789 (C44-9W)
まずはAutorackが70両近く連なった編成。全高6m弱の貨車が連なった様は本当に「走る壁」そのものです。

IMG_5101-1
BNSF 314098
AutoMaxです。2連節で全長44.3mにもなる車両内部には、自動車を2段又は3段に積載可能という、輸送効率の塊みたいな貨車。

IMG_5124-1
BNSF 8149 (ES44C4)
BNSF 8396 (ES44C4)
BNSF 3797 (ET44C4)
BNSF 6738 (ES44C4)
これですよこれ!地面から湧き続けてくるダブルスタック!これを見に来たんですよ!

IMG_5170-1
BNSF 6584 (EF44C4)
BNSF 7954 (ES44C4)
BNSF 6711 (ES44C4)
ES44C4しか来ないんですかねってくらい来ます。なんか違和感あると思ったら、乗務員扉にロゴが入ってません。デッキ周りだけ綺麗です。まあ何千両と保有してたらこんな個体も珍しくないんでしょう。

編成前半にEVERGREENのコンテナが目立つインターモーダルです。まとめて台湾にでも行く荷物を載せた列車なんでしょうか。

ここで陽の傾き具合を見て Bryman へ移動。

IMG_5194-1
BNSF 7118 (ES44C4)
BNSF 4826 (C44-9W)
BNSF 6723 (ES44C4)
高速で迫ってくるダブルスタックトレインでした。主要路線だけあって、待ってれば来ます。いつ来るか分からないので見張ってないといけないのがつらいですが。

IMG_5218-1
BNSF 8145 (ES44C4)
BNSF 3962 (ET44C4)
BNSF 4672 (C44-9W)
BNSF 7220 (ES44DC)
ドエロ光の中かっ飛ばすインターモーダル!めちゃめちゃカッコいい!

青い空に橙の機関車、最高です。

IMG_5254-1
BNSF 5469 (C44-9W)
BNSF 3833 (ET44C4)
BNSF 4179 (C44-9W)
BNSF 5319 (C44-9W)
これも100km/h近い速度で飛ばしてきたインターモーダル。顔の左の方に編成の後ろの方が写っています。構図に入りきりません(苦笑)

IMG_5261-1
BNSF 5275 (C44-9W)
BNSF 7562 (ES44DC)
Bare Table Train 。空の Well Car しか繋がってません。

この5分後に日没したので、初日はこれで終了。まだまだ続きます。

夕方下りの2100

2019/09/09

2100形といえば、2ドアでオールクロスシートな為、詰め込みが効かず帰宅ラッシュでは専らウイング号で品川から三浦半島へと走る運用になっています。

当日はダイヤ乱れの影響なのか、夕方なのに12連を組んで走ることに。

IMG_5054-1
2141-[1A|快特|京急久里浜]
1465-[1A|快特|金沢文庫]
車両運用の兼ね合いとはいえ、この時間の下り快特に2ドアとは乗りたくないですね...。

ちなみに普段の1Aはこんな感じです。

IMG_4411-1
6071-[1A|快特|京急久里浜]
1425-[1A|快特|金沢文庫]
久里浜から出てくる運用の為、車管の編成は何が入ってもおかしくはないのですが、3ドアが入ることが多い為、2ドアはあまり入っているのを見たことがありません。


以上。

2019/09/11 車両運用について編集済

京浜急行1792A(93A)

平日夕方、品川1745発で設定されている1792Aなる列車。

4連を3本繋げ、12連に仕立てて下っていきます。

。。。真ん中の編成でトラブルが発生しても乗務員は急行できません。グレーです。

色々組み合わせがあるわけではなく、久里浜行となる三崎口方の8連は✈急行と同じように同形式で揃えられます。1000形ではアルミはアルミ、ステンレスはステンレスとしか併結しません。ですが、基本的に品川方の4連はバラバラです。

7月はずっと天気が悪く、ビル影も出ないのでずっと93Aを撮ってました。その記録を。

・3日

IMG_4422-1
1445-+1417-[93A|快特|京急久里浜]
1405-[93A|快特|金沢文庫]
前から3M1T、2M2T(パンタ車1両)、2M2T(パンタ車2両)と様子が異なるアルミの1000で統一されていました。


・4日

IMG_4437-1
1405-+1441-[93A|快特|京急久里浜]
1457-[93A|快特|金沢文庫]
アルミ+アルミ+ステンレス。頻繁に見かける組み合わせでした。


・9日

IMG_4455-1
1449-+1469-[93A|快特|京急久里浜]
1461-[93A|快特|金沢文庫]
ステンレス1000の12連。12M0Tという恐ろしい組成です。


・10日

IMG_4471-1
1469-+1477-[93A|快特|京急久里浜]
1805-[93A|快特|金沢文庫]
後ろの編成が1800形ですが、これでも12M0T組成。


・17日

IMG_4504-1
1433-+1445-[93A|快特|京急久里浜]
6511-[93A|快特|金沢文庫]
後ろの編成が600形でした。併結してしまえばアルミ統一なんですが、600形の天地塗り分け幅が若干違うような。実際違うんですかね。調べてないので分からないです。


・30日

IMG_4609-1
1437-+1461-[93A|快特|京急久里浜]
1441-[93A|快特|金沢文庫]
遂に久里浜行きの8連が異なる組成の93Aを撮れました。アルミ+ステンレス+アルミです。

とりあえずこんなところでした。極稀に久里浜行きの8連が1500+1500で組まれるそうです。見てみたいもんです。



以上です。

唸るワンマン103系

2019/08/17

また播但線の103系が撮りたくなったので、帰省ついでに寄ってきました。

IMG_4876-1
ホシBH4+ホシBH1
寺前に向かう4連が夕方の撮れる時間に1本しか無いので、回収効率がかなり悪いです。もう少し季節が進むと姫路方面でチャレンジできるのですが。

とりあえず103系で一番カッコいい3500番台を撮れたので満足。暑い中待った甲斐ありました。

京急線復活試運転

2019/09/07

京急川崎〜横浜間において、2日ぶりに電車が走ってきました。いつも通りの踏切渋滞に安堵感です。

素早い復活に感謝。もうバス代行でバス停間違えて降りずに済む...。

鶴見市場に6連の1000形が停泊していましたが、それも居なくなり信号も開通。

IMG_4996-1
1405-[27|試運転]
センサー各種試運転列車。踏切の度に停まっては警笛、発車していきます。

IMG_5006-1
そして上りは6連の1500形が試運転でやってきました。

IMG_5014-1
1581-[23D|試運転]
この後数本試運転が走った後、いつも通り120km/hでぶっ飛ばす営業電が往来していきました。

IMG_5023-1
1049-[ SH|特急|三崎口]
夕方になるまで快特は来ませんでした。日中に特急表示撮れるのはいいんですけど、運番切れる編成ばっかり来たので微妙な感じに。折角A運用の特急も来たのに銀1000で...。

以上です。

京急川崎行き

2019/09/06

神奈川新町の踏切事故の関係で、京急川崎〜上大岡が営業取りやめ、折り返し運転となっておりました。

品川方から川崎に来た列車は本線上で折り返し、上りで運転していました。しかも、ほぼ定時、いつも通りの本数というから驚き。

天気も良かったので軽く撮ってみることに。

IMG_4908-1
6561-[57|普通|京急川崎]
普段から4連の川崎行は設定されてるので何も珍しくないのですが。

IMG_4918-1
2133-[3D|✈急行|京急川崎]
D運用に入ることもなければ、川崎折り返しはまずしない2100がこの表示で走ってくるので驚き。

IMG_4930-1
1441-[15|普通|京急川崎]
運番が切れるやつ...。

IMG_4935-1
1065-[7D|普通|京急川崎]
この日の✈急行は羽田と川崎を延々と折り返して走っていました。

IMG_4945-1
2125-[31TH|✈急行|京急川崎]
マンションの影が入ってしまったのは残念ですが、絶対にないTH表示の2100を撮れて満足。

IMG_4958-1
2133-[13D|✈急行|京急川崎]
片道30分未満なのですぐにループします。

IMG_4972-1
1809-+1801-[15D|✈急行|京急川崎]
1800です。

IMG_4977-1
1719-[53SH|快特|京急川崎]
改めて1700形めちゃカッコいいですね。

IMG_4981-1
2125-[17D|✈急行|京急川崎]
とりあえず同じ編成ですが2100の急行を撮れたので満足。


以上です。
※画像の転載について : 転載したい画像がある場合には、コメントにてお知らせください。管理人が一番確認しやすい手段です。くれぐれも無断転載はなさらぬように。
訪問者数

    • ライブドアブログ